むし歯治療

歯がズキズキ痛む、歯茎が腫れて痛いなどの症状の場合、むし歯や歯周病がもっとも疑われます。
一言でむし歯と言っても、むし歯の状態(C1~C4)によって痛み方や治療方法は異なります。
むし歯は風邪などと違い、放置しておいても治る病気ではありません。
早めの治療によって、治療時間も痛みも費用も節減できます。

むし歯の予防について

むし歯画像

むし歯はプラーク(歯垢)中の細菌に様々な要因が加わって起こりますが、お口の中の環境を改善することで、その発症や進行を停止させることが出来ます。 むし歯の発症や進行は、環境や年齢等によって個人差がありますので、その人にあった予防プログラムを作り継続的な予防管理(自己及び専門的管理)を行います。 その実施に伴い、長期にわたり健康な歯を維持できる可能性が高くなります。

むし歯の進行

C1 むし歯画像1

初期のむし歯です。 歯の外側を覆っているエナメル質にできたむし歯で、自覚症状はありません。自分ではなかなか見つけにくいもので、お口の健康診断でよく発見されます。

【治療方法】
・むし歯を除去した後、白いプラスチック(コンポジットレジン)を詰めます。
・ドリルの「キイーン」という音や 「ガリガリ」という振動が苦手な方は、レーザーによりむし歯を取り除くこともできます。

C2 むし歯画像2

むし歯が進行して、象牙質に及んだ状態です。
冷たいものや、熱いものがしみたり、痛みを伴い始めます。さらにむし歯が進行すると痛みが強くなる上に治療にも時間がかかりますので、むし歯はこの時期までに治すことが大切です。

【治療方法】
・むし歯を除去した後、白いプラスチック(コンポジットレジン)や、セラミック、金属などを詰めます。
・痛みがある場合は、麻酔を行います。

C3 むし歯画像3

痛みを感じていながらも治療しないで放っておくと、この状態になります。
むし歯が神経(歯髄)にまで及んだ状態です。
何もしなくてもズキズキとした強い痛みを感じます。
歯髄が感染して炎症を起こしていますので、歯髄を取る処置が必要になります。

【治療方法】
・麻酔をして歯髄を取り、歯の中を消毒します(根管治療)。
・根管治療が終わった後、詰め物または被せ物により修復します。

C4 むし歯画像4

むし歯をさらに放っておくと、この状態になります。
むし歯によって歯は崩壊し、歯の根だけが残った状態です。
歯髄が死んでいるため、痛みは一次的に治まります。
細菌による感染が歯の根から周りの骨に及ぶと、骨が破壊され膿がたまります。さらに重症になると、急激な痛みや発熱を生じたり、敗血症などの重篤な症状を引き起こします。

【治療方法】
・通常、抜歯となります。
・歯を残す必要性がある場合は、根管治療を行います。

※C4まで進んでしまったむし歯の場合は、嘘のように「痛み」がなくなります。 痛みがなくなったので「歯医者にいかなくてもいいや」と考える方が多いかと思いますが、その考えは非常に危険です。痛みがなくなったのは神経(歯髄)が死んでしまったからです。 細菌はその間にも徐々に奥深くへと進行していきます。 そのまま放置した場合、最悪「顎骨骨髄炎」や「口底蜂窩識炎」といった命に関わる病気を引き起こすことがありますのでご注意下さい。

審美歯科

当院では患者様の御希望に合わせて、審美的な歯の治療法「セラミック」を利用しています。 セラミックは身体にやさしい!見た目がきれい!長い目で見ると安い! 当院では、環境ホルモン・金属アレルギーの問題を多く抱えている現状を歯科医療の観点より改善していければという考えに基づいて、身体にやさしいセラミックをあつかっております。

審美治療の種類

オールセラミック

オールセラミック

従来のセラミックは、メタルにセラミックを焼き付けるタイプのものでした。 これはメタルにより光が遮断され透明感が出にくく、歯肉とのラインが黒ずん で見えてしまいます。 オールセラミックはメタルを一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を 再現し、より自然な仕上がりとなります。

オールセラミックのメリット オールセラミックのデメリット
  • ■色が歯に似ているので見た目が良い。
  • ■汚れ(プラーク)が付きにくい。
  • ■金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレ ルギーなどが起こる可能性がない。
  • ■保険適用外で、費用がかかります。
  • ■割れやすい。
  • ■歯を削る量が比較的多い。
  • ■天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある。
  • ■仮止めで様子を見ることができない。
  • ■将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある。
料金
1本 5万5千円+消費税 ~ ※各治療の料金(審美歯科の治療は保険適用外で自費治療となっています。)
ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の表面のエナメル質を0.3~0.7mmほど削り型を採り、それに合ったセラミックの薄いシェルをつくり、特別な接着剤で貼りつける方法で、主に前歯、小臼歯に使われます。すき間の空いた歯や、歯の形の大きさの不揃い、あるいは歯が欠けたり折れたりしてしまった場合に、素早くきれいに修正できます。

メリット デメリット
  • ■ホワイトニングより更に白い歯にする事ができます。
  • ■歯の神経を取る必要がありません。
  • ■歯を削る量が少ないので、痛みも少ないです。
  • ■色がくすんでくる事がありません。
  • ■保険適用外で、費用がかかります。
  • ■割れたり、はがれてくる事もある。
  • ■二度と元には戻せない。
  • ■薄くもろいので耐久性に欠ける。
  • ■噛み合わせの悪い人には使えない。
料金
1本 6万円+消費税 ~ ※各治療の料金(審美歯科の治療は保険適用外で自費治療となっています。)
セラミックインレー

セラミックインレー

セラミックインレーとは、セラミック(陶器・焼き物)で出来た詰め物(インレー)です。
歯の自然な色に近く見た目が良いですが、銀の詰め物と比べると耐久性に欠けます。

メリット デメリット
  • ■見た目が良く、ほとんど変色しない。
  • ■汚れ(プラーク)が付きにくい。
  • ■金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がない。
  • ■保険適用外で、費用がかかります。
  • ■銀の詰め物に比べて、耐久性にかける。
  • ■歯を削る量が比較的多い。
  • ■術者のテクニックによる見た目・持ちの差が出やすい。
料金
1本 3万円+消費税 ~ ※各治療の料金(審美歯科の治療は保険適用外で自費治療となっています。)
  • インプラント
インフォメーション